So-net無料ブログ作成

ARIA PRO2 CS-350編【完成??Ver1→2】 [ARIA PRO2 CS-350]

苦節何ヶ月…やっとここまで…
前回の研磨の状態から…
DSC_0569 (450x800).jpgDSC_0570 (450x800).jpg
ここから、各部品の取り付けとなります☆
CS350は、ちょっと特殊な構造となっております…
ネック下につばが出ておりますので、
先にPUを装着してしまうとネックが取り付けできません。。。
DSC_0572 (450x800).jpgDSC_0571 (450x800).jpg
本体のブリッジ位置を固定し…
ネック→PUと組んでいきます。
(このVer1の時点では、PUは57クラシック×2発)
DSC_0573 (450x800).jpg
PUの位置は、弦の位置を合わせるため仮留めです。
DSC_0574 (450x800).jpg
弦を張り、固定し…トグルSW・各ポットを取り付け…
DSC_0578 (450x800).jpg
アンプで音だし…配線の不具合もなくって
音が暴れまくりで、かつて所持していた
フライングVのような…なので、Ver2移行しますw
当初予定していた、2Vol&1Toneから…
2Vol&2Toneにします♪
PUを、57クラシックから…
DSC_0580 (450x800).jpg
SeymourDuncan SPH90-1 Phat Catに…
DSC_0579 (450x800).jpg
配線も、レスポールと同じようにしましたw
ポットは、Vol:300K(Aカーブ)&Tone:300k(Bカーブ)
コンデンサは、これから煮詰めないといけませんが
とりあえず、ブラックキャンディ0.047
またまた、アンプから音だし…
暴れっぷりも減りちょうど良い感じですが
P90(シングル)という構造もあり、
少しノイズを拾いますが、それも味に…なるのかな?
DSC_0575 (450x800).jpgDSC_0580 (450x800).jpgDSC_0577 (450x800).jpg
クロームカバーのPU・メタルエスカッション・メタルノブ…
狙ったような、メカっぽい仕上がりになりましたw
ストラップピンの位置は、ヘッド落ちを考慮して
下の部分を、やや6弦側に設置しております。
材質とPUの相性も気にしないとダメだなと…
一応、まだ完成ではないのですが…
エレキギターとしての機能はあるので
一部完成という事でw


動画作成については…
批判上等で投稿するか、迷っております。
塗装パターンを【パクリ】と言われるのは
目に見えていますしねw
友人・友好的な方の意見で決めようと思います。
何卒、ご理解の程お願い申し上げますm(__)m
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 2

tiyo

いい仕上がりじゃないですか!お疲れ様です。ピックアップにシングルをもってくるというのも想定外でした。狙っている音はどんな感じなのですか?
by tiyo (2015-10-10 12:29) 

YU-BLUES

tiyo様 度々のご来訪ありがとうございますm(__)m

今回のは、予想以上に良い仕上がりになりました♪
塗装膜を薄くするのに尽力し…
そのせいでボディバックが…。。。

去年の段階から、PH90は所持していたのですが
メイン機&その他と相性が悪くて不遇な日々を…w

まだ、コンデンサの問題はありますが
狙いは、【枯れてるっぽい】ニセヴィンテージですw
何十年前のライブで、ラリー・カールトンさんが
レスポールジュニア?を弾いている動画を見て
P90って、良いな!!

でも、アンプ比重になるので
トグルスイッチをセンターにして
リア側のToneを8~10・フロント側で調整して
バランスが良い所が本音です。
ただ、このPH90はリア側の方が使い勝手が良いですw
リードプレイは得意ではないので、
センター・リアにしたときに、、
アルペジオ・カッティングの安定がある感じが 好きですね☆
by YU-BLUES (2015-10-10 13:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0